読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パクチーの備忘録

あることないこと、思ったこと思ってないこと色々書いてます

年齢コンプレックス

 

例えば21歳の僕が

 

「人生とは○○である」

 

なんてことを人に言ったとして、

それがいくら的を射ていても、

だいたいの人は、クソガキがわかったようなことを言うな。

と思うでしょう。

今の僕には人の気持ちはそう簡単に動かせないのです。

 

でも50歳の人が僕と同じことを言うとしたら、

少なくとも、クソガキが!と思われることはないでしょう。

もどかしいなあと思います。

 

年齢や見た目の老いとは本当に邪魔なものです。

先入観の温床でしかありません。

歳をとっただけ言葉に重みがあるなんて、よく言います。

しかし違う人の21年と50年を比べてはいけないのです。

 

経験があるからこそわかること、ないからこそわかること

それぞれあると思うのです。誰にでも人生を語る権利はあるのです。

 

 

年齢だけでなく性別、人種、国籍の違いなんかにも通じることです。

いわゆる差別ってやつですね。

ここまで書いて気づいたけれど僕は差別の話をしていたのです。

人の表面を見て、先入観を抱かないということは難しいですが、

人それぞれの、本当の部分もちゃんと見ることができる人間になりたいです。